ボーディングスクールって何?

日本では聞きなれないボーディングスクールという言葉ですが、その意味は寮生を表すBoarderのスクール、つまり全寮制の学校ということになります。


言葉の意味はとてもシンプルなのですが、日本で持たれているイメージとボーディングスクールですと少しだけ捉え方が異なります。


ボーディングスクールという場合は基本的に初等教育から寮に入り、知識だけではなく寮での生活を通して人格の完成を目指す総合的な教育を施されます。

いわゆるリベラルアーツを身につけるわけですが、基本的にはエリートの輩出をその目的としています。

日本の場合ですと地方から出てきた学生や苦学生のイメージも残っているのですが、その点で大きく異なります。

All About情報選びを親身になってアドバイスいたします。

基礎教養を身につけ、自分の意志でより高度に専門的な分野に自身の進路を決めていくようにカリキュラムが組まれるため、必然的に教育を早い段階で施されることになります。

そのため早い子供では小学生位の年齢で入寮します。

気軽に高校留学情報を集めました。

勿論教養を身につけ、その先にある人格の完成を目的としているため、ただ学ぶだけのエリートを出すのではなく、人間としての能力を重要視します。


結果的に送られる学園生活は華やかでどこかモラトリアムというよりも厳格だけれども学生として充実した生活になります。
もし、お子様の教育を考える時、状況が許すのであれば、その可能性を大きく広げるためにボーディングスクールを利用することを考えても良いかもしれません。



ご自身の予想以上に立派になったお子様に会うことが出来ると思います。