ボーディングスクールとその特徴について

ボーディングスクールは、アメリカやイギリスにある、寮制の学校です。



日本でも、留学先として選ぶ人が増えていますが、どのように勉強をし、生活を送る所なのかについて解説します。



多くのボーディングスクールは、伝統のある広大なキャンパスの中で、教育や生活態度をしっかり身に付けられる設備が整っています。世界中から集まった生徒たちが、それぞれの考え方や感性を持ち、学習はもちろんボランティア活動等を通して、お互いに刺激し合い、成長していく事ができます。


そしてボーディングスクールの1番の特徴は、学習時間だけでなく、24時間をキャンパス内で過ごすというところです。
生徒だけでなく、教師も共に生活するため、サポート体制も整っています。少人数制であるボーディングスクールの最大の魅力は、個人に合ったきめ細かい指導を受ける事が可能なところです。
勉強の仕方や1人1人に対する詳しい説明等は、多人数制ではなかなか実現できません。

教師のサポートも充実しているため、自ら自分自身の個性に気付く事ができ、その資質を磨いていけるように指導してくれます。また、留学生にとって心強いのは、語学や文化の違いの面まで支援してくれる、いつでも相談できる人がいるという点です。



そのため、安心して勉強や課外活動等に専念する事ができます。
魅力的な点は他にもたくさんあり、明確に自分自身の意見を英語で述べられる実践力が身に付く事や、進学のための勉強だけではなく、スポーツや文化等多種にわたる活動に参加する機会があり、新たな発見や気付きもあります。こうして24時間を有効に活用して、他ではできない経験と学びを得る事ができるシステムになっているのがボーディングスクールです。